競馬で生計を立てたいのであれば・・・

今まで学んだ「競馬理論」は何だったのか・・・
今までの「競馬投資術」とは何だったのか・・・

回収率1000%・・・これは、競馬をする者にとって物凄く魅力的な数字です。

賭け金が10倍になるのですから当然ですね。でもね、回収率1000%といっても、さほど儲かるものではないことに気付いてしまったのです。

なぜなら、回収率1000%といっても、自分の競馬資金全額がいっぺんに10倍になるわけではありません。

「賭け金の10倍」であって、「持ち金の10倍」ではないのです。

例えば1年間の競馬予算が10万円だとすると、その内の数レース分の賭け金が10倍になるにすぎません。まぁ当然といえば当然なんですけどね。

競馬の世界では、回収率、回収率と言いますが、ある馬券術を知った今となっては、競馬ファンを欺くために作られた言葉のような気がします。

競馬をギャンブルとして捉えるなら回収率重視でいいのかもしれませんが、本当に競馬で儲けたいなら「回収率○%」ではなく、「いくら儲かったか」これこそが重要です。

「今日は回収率1000%だった」ではなく、「今年は手持ちの資金が3倍になった」、これが重要なのです。

つまり、1レースごとの勝ち負けではなく、1年間の競馬予算全体がいくらに増えたのかが大切なのです。

回収率というのは競馬特有の用語です。実際、回収率何パーセントなんて言葉、株式市場では使われてないでしょう?

では、実際に競馬で儲けるにはどうしたら良いのか?1年間の競馬予算を、1年後数倍に増やすにはどうしたら良いのか?

その方法を私に教えてくれた教材がこれです。
↓ ↓ ↓


ギャンブルとしての競馬、レジャーとしての競馬もそれなりに楽しかったので、今となっては、正直この教材を読まなかった方が良かった気すらします。

しかし、もしあなたが競馬を投資と捉え、ゆくゆくは競馬で生計を立てたいと考えておられるなら、ぜひこの教材を読んでみて下さい。

いや、読まなければダメだと思います。
競馬投資家養成講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。